クレジットカードの審査を通すコツ

パートやアルバイトの方の場合、正社員の方に比べるとクレジットカードが利用しにくいという傾向があります。

パートやアルバイトの方でも申し込みが可能なクレジットカードも数多くあります。
しかし、現実は、パートやアルバイトの方は申し込み時に不利になってしまうことがあるようです。
パートやアルバイトの方は正社員よりも社会的信用が低く、どうしても審査が通りにくくなってしまいます。
そこで、パートやアルバイトの方でもクレジットカードの審査が通りやすくなるコツをチェックしてみましょう。
まず、勤続年数は非常に重要な項目となっています。
いくら安定した収入があったとしても勤続年数が1年未満だと安定収入があるとは認められません。
目安として最低でも勤続年数が1年は必要になってくるでしょう。
実際にパートやアルバイトの方の場合、勤続年数が5年以上ある方はスムーズにカードの利用が実現しています。
さらにきちんと職場に在籍していることを確認することができるかもポイントのひとつです。
勤めているパート先やアルバイト先に在籍確認の電話がかかってくることもありますが、そこできちんと職場に在籍していることが確認できるということも大切です。
最も重要なのは、利用するカード会社をしっかりと選ぶことです。
ステータス性の高いカードは、収入が少ない方や勤続年数が少ない方にはおすすめできません。

ステータスカードについてはこちらのサイトが参考になります。


しかし、銀行系以外の会社であれば、審査が通りやすいのでパートやアルバイトの方も安心して申し込みができるでしょう。